FC2ブログ

(No Title)

今日は午前中に、税務署に行ったりドタバタな感じで、あまり進みませんでした



は、『丈夫』って言うイメージありますよね

確かに丈夫は丈夫です。牛の皮ですから

がっ革そのままでは、バッグとして使う内に、革は痩せ(伸び)、傷んできます。

そこで、『補強』をします。

補強には、『芯』と言われる物を使います。芯には紙や、ナイロン、布、ウレタン、プラスチック…etc、色々とあり、補強場所や、デザイン、革との相性に合わせて選びます



今回の写真は、『根革』と言われるパーツ。

持ち手と本体を繋ぐ部分のパーツです。

ここには、厚みが無く、耐久性がある物をチョイス

1枚目の写真で、真ん中に光沢のある場所が分かるかなこれが補強テープ。ナイロン製で伸びに強く、薄い

この補強テープを、忍び込ませ、ゴムのり(革用のボンドみたいな物)を塗り(2枚目の写真)、くっつけると3枚目の写真のようにパーツの型が見えてくる

まだ完成じゃ無いですよ?。



この後、周り(コバ)を磨き、染色して、ミシンを掛けると、パーツは完成










プロフィール

anotherface

Author:anotherface
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード