FC2ブログ

続き

さてさて、時間が空いてしまいましたが、製作の続きを



今回は、革の裁断から。

革は、牛の大きさにも寄りますが、大きい物だと2m×1mもあるっ



いきなり、大きな革から、パーツを切り出すのは、精度が落ちるし、時間が掛かるので、まずは『粗裁ち』をする。

型紙よりも、やや大きめに革を切る

次に、型紙をしっかり押さえて、『本裁ち』をする。

1枚目の写真は、本裁ちを済ませたところ。



ポイント

型紙を作る時に、『中心』や『合わせ』の印を付ける事

もちろん、印は革にも付ける

中心をしっかり出す事で、左右対象になるし、色々な基本線になるからね?。

特に『中心』は大事中心さえおさえていれば、何とかなるっそのくらい大事

2枚目の写真のクサビ型が印



型紙通り裁断が終わったら、型紙に再度合わせて、ズレが無いかパーツは足りてるかを確認



次に、『漉き作業』をしま?す

場所により幅&厚さを変えながら、慎重にねっ折り返したり、重ねたりする部分を、その状況に合わせていきま?す。

3枚目の写真で、革の端の色が変わってる所が、革漉きをしたところ。



4枚目の写真は、折り返しをした図

折り返す時も、折り幅が狂わないように、定規で線を引き、ゴムのりを付け、しっかり折り返す。

折り返したら、鉄製のローラーや、ハンマーでしっかりと圧着させる。



次は、いよいよミシンの登場



LONさ?ん

いつもコメントありがとうございます。励みになりますっ

や匂いって、自分では慣れていて、意外と気付かないんですよ?。

でも、ミシンの音だけは、耳をダンボにして聞くときもありますっ

下糸が少なくなると、音が変わったり。無理して縫うと、異音が鳴ったりするので。

今回のバッグは、来週納品なので、その後のアップになりますっ。








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

anotherface

Author:anotherface
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード